スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Railscapes Monologue vol.1

山形新幹線

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
奥羽本線 板谷~峠にて
スポンサーサイト
[ 2015/04/29 07:00 ] モノクローム | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.8 -長良川鉄道-

長良川鉄道

長良川に沿って南北に走る長良川鉄道。ここでも桜前線を求めてひたすら北上してみた。美濃付近はすでに散り気味で絵にならず、郡上八幡に近づくにつれて桜も見ごろになってきた。美濃白鳥付近までが満開エリアだったが、終点北濃付近はまだ残雪が点在し桜もまだつぼみ状態。一つの路線で桜の表情がまるで違うのが面白い。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
長良川鉄道 郡上大和駅にて
[ 2015/04/26 07:00 ] 東海・北陸 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.7 -樽見鉄道-

樽見鉄道

樽見鉄道沿線は桜が多く見られ、まさに「桜街道」と言っても過言ではない。しかし私が行ったこの日はすでに桜は散り、ほぼ終わりかけだった。かろうじて、終点樽見駅には花の色が雨の中鮮やかに彩られていたが、この濃いピンクの桜は駅のホームから離れた場所。増結した車両を解放して引き込み線に留置してくれたおかげで、何とか花と列車を絡めることが出来た。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
樽見鉄道 樽見駅にて
[ 2015/04/22 07:00 ] 東海・北陸 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.6 -京都丹後鉄道-

京都丹後鉄道

2015年4月1日より、それまでの「北近畿タンゴ鉄道」を引き継ぎ、新たな出発となった「京都丹後鉄道」。ここを訪れたのはJR宮津線が廃止される時以来。結局「北近畿タンゴ鉄道」時代は来ることはできなかったが、新たな鉄道会社に転換された時に何とか足を向けることができた。
この撮影地は芝桜で有名な場所だが、後方の桜と一緒に咲くことは稀だそうで、何とまあ素晴らしいタイミング。これを機に、この路線へもっと通いだしたくなった。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
京都丹後鉄道 峰山~網野にて
[ 2015/04/19 07:00 ] 近畿 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.5 -若桜鉄道-

若桜鉄道

今回の若桜鉄道でのSL走行社会実験は、路線を線路閉鎖し、C12+12系+DD16の5両編成を若桜~八東間で一往復運転。C12は無火でDD16の動力で時速15Km程度の速度で走行。機械扱いのため人は乗車できないが沿線住民手作りの「案山子」がいっぱい乗ってくれた。
地元警察や沿線自治体の協力も万全で、撮り鉄さん向けに予約制の撮影スポットや駐車場が用意され、交通規制をすることにより安心して撮影に臨めることができた。鉄橋などでは撮影用に約5分ほど停車して、皆さん思い思いのポイントで撮影できるサービスも。
桜の咲く時期ということもあり、当初の目標であった集客1万人を上回る鉄道ファンが全国から集まった。SLを活用したローカル鉄道の活性化に向けて、まずは第一歩を記したと言っていいだろう。
いつかここで、有火での蒸気機関車の運行を夢見つつ、若桜鉄道の新たな挑戦を応援したい!

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
若桜鉄道 八東~徳丸にて
[ 2015/04/15 07:00 ] 中国・四国 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.4 -若桜鉄道-

若桜鉄道

「地方創生」をテーマに掲げ、SL走行を通じて集客の動向を探る社会実験が若桜鉄道で行われた。若桜駅では地元出身の地方創生大臣をはじめ第三セクター鉄道の社長等を招いて盛大に出発式が行われ、駅には全国から多くの鉄道ファンが駆け付けた。この賑わいぶりがこのイベントに対する期待度の高さを伺うことができる。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
若桜鉄道 若桜駅にて
[ 2015/04/12 07:00 ] 中国・四国 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.3 -相模鉄道-

150408.jpg

線路脇にある神社の境内に咲く桜。行き交う電車をよそに、何年も静かにそこでそびえ立つ。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
相模鉄道 瀬谷~大和にて
[ 2015/04/08 07:00 ] 関東・甲信越 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.2 -阪和線-

150405.jpg

今なお現役の国電103系。特別保全工事を受けているので原形を保っているとは言えないが、それでもまだ近畿地方で元気に走っている。
とりわけスカイブルーの103系はかつて地元根岸線を走っていた頃を彷彿させてくれるので、とても懐かしく感じる。
いつかは世代交代するだろうが、可能な限りこのまま走り続けていてほしいと願いつつ…。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
阪和線 和泉鳥取~山中渓にて
[ 2015/04/05 07:00 ] 近畿 | TB(-) | CM(0)

Railscapes vol.1 -根岸線-

150401.jpg

"Landscapes"に'Rail'を加えた造語Railscapes―。いつの頃からか、この「Railscapes」というキーワードは私にとって永遠のテーマとなっていた。線路際にある普段の何気ない日常の光景から、四季の変化が織りなす美しい鉄道情景の数々を切り取る旅が始まる。

4月に入ると関東地方の至るところで桜の便りが届く。その度に天気予報とにらめっこして、あそこに行ってみよう、とか、ここの桜を撮ろう、とか考える。どんな場所でもチャンスはそう多くない。その日その日が勝負。
この日は地元根岸線を丹念に撮り歩いた。日中の青空と桜のコントラストも美しかったが、ビルの間から差し込む斜陽の光が桜を赤く照らし、ドラマチックな光景に仕立ててくれた。

Nikon D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
根岸線 桜木町~関内にて
[ 2015/04/01 07:00 ] 関東・甲信越 | TB(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。